PATH IMAGING INC.

パスイメージング株式会社はWSI(Whole Slide Image)装置/デジタルスライドスキャナーメーカーです。

事業内容

当社は、WSI(Whole Slide Image)装置/デジタルスライドスキャナーのパイオニアメーカーである株式会社クラーロの事業を2017年1月に継承し、インスペックグループの一員としてスタートしております。

当社は、デジタルイメージングの技術をベースとした開発力とICT(Information & Communication Technology)の活用を背景に、病理をとりまく課題の解決をはじめとするメディカル分野や、今後も急速に進展をし続けるバイオサイエンス分野のヘルスケアへの事業を展開してまいります。

WSI(Whole Slide Image)装置/デジタルスライドスキャナー

WSI(Whole Slide Image)装置/デジタルスライドスキャナー

WSI(Whole Slide Image)装置/デジタルスライドスキャナーとは、病理標本(組織・臓器にパラフィンを浸透して固め、数μmの膜状に薄く切り、ガラススライドに貼って染色してプレパラートの形にしたもの)全体のデジタル顕微鏡画像を撮影する装置です。

基本的な仕組みとして従来から顕微鏡で使用されている高精細・高倍率の対物レンズから映し出される映像を、デジタルカメラを通しデジタル画像化し、スキャンすることで病理標本全体のデジタル化を実現します。これらWSI装置/デジタルスライドスキャナーでデジタル画像化された病理標本(デジタル病理標本)とICTを組み合わせることにより、デジタル病理標本を共有できるため、場所に制限を受けない迅速なカンファレンス、各病院・ 医療・研究施設間での画像データの授受・共有、 術中迅速診断支援など様々なニーズに応えることを実現します。

パスイメージング株式会社のご提案

当社は、小型かつコストパフォーマンスの高いWSI装置/デジタルスライドスキャナーのご提供をベースとして、病理をとりまく大きな課題に取り組み、よりニーズにあった製品やICTなど最新のテクノロジーを融合させた付加価値の高いソリューションをご提案いたします。

当社製WSI装置/デジタルスライドスキャナーは、小型、高性能、リーズナブルな価格で病理標本全体の顕微鏡画像を撮影するスキャン機能の他に、従来の顕微鏡と同じ操作感で使えるライブスコープという機能も標準搭載しております。ライブスコープでは、その場での操作だけでなく、遠隔地からの操作も可能となり、お客様の現状やご要望を考慮しながら最適なご提案をしてまいります。